マタニティヨガと産後うつのお話

先週の土曜日は、久しぶりにオンラインでマタニティヨガを開催しました🤰✨


今現在、教室の中で妊娠されているお2人の生徒さんがご参加下さいました😊


お2人とも30週を過ぎたので、陣痛時のシュミレーションや呼吸法もよりリアリティを増してきています!お腹も一段とふっくら♡


せっかくオンラインなので、お家の中を使って行うヨガも行ってみたり、最後はクッションや枕を補助器具として活用したシャバーサナをして頂きました😊


あと何回か本番までに一緒にマタニティヨガを楽しめたら嬉しいなと思っています♡




レッスン後には今話したい事がある方はどうぞ〜と、それぞれ皆さんにお話頂きました。



その中で、やはり今『産後うつのお母さんがとても増えている』というお話が。



別の妊婦さんが病院で聞いたお話によると、例年の3倍にも上っているそうです。



なかなかコロナで出かけられる場所が少なく、人との交流も減る…



そりゃ孤立してしまいますよね。。



そもそもコロナがなくても割とあの時期は孤独です。



『こうしてオンラインという形でも良いから、誰かと繋がっておくのが大切かなと思っています』



という生徒さん。



うんうん、と何度も頷いてしまいました。



産前は赤ちゃんグッズの準備に目を向けがちですが、それと同時に、いやそれ以上に?


産後、お母さん自身が笑顔でいられる環境を整えておくのもとっても重要です。


家事ひとつとっても、夫婦2人で協力できる部分、それでも人手が足りない場合はどうするのか、サポートを頼むなら誰にどのくらいの期間お願い出来るのかなど、産前に考えておいた方が良いことはたくさんあります。


以前産前からお弁当の宅配サービスを色々試しているという方もいらっしゃいましたし、

妊娠中に一度ファミサポや家事代行サービスを利用しておくというのも良いですよね!


この妊娠中からというのがすごくポイント!


経験された方はご存じかと思いますが、やはり産後の心身ともにしんどい時期には、慣れてないことや未経験の物事に対してすごくアクションを起こしにくいです。


家事など以上に、人間関係や居場所作りなどは、もっとハードルが高くなるのではないでしょうか。



ずっと産前産後のお母さん達が気軽に集まれるような居場所でありたいという想いで、子連れヨガやマタニティヨガのレッスンを続けていますが、


今回の生徒さんのお話を聞いて、コロナ禍においてはより一層その繋がりを大切にしていきたいなと改めて感じました。



今増え続けている産後うつについて、



『多くの人がそんな辛い状態から解放されて欲しい』



と素直に思いますが、自分1人の力ではどうにもならないのが現実です。



私はまずは目の前にいる生徒さんや、繋がりのある方々がそうならないに居場所を作り続けようと思っています。



そしてこれを読んでいる皆さんも、もし周りに妊婦さんや産後のお母さんがいたら



最近どう?元気にしてる?



と、是非時々連絡を取ったり、声をかけてみて欲しいです😊



そんな一見小さなアクションでも、皆さんがそれぞれやってみる事で随分救われるお母さん達がいるんじゃないかなぁと思っています‼️



こんな時期だからこそ、どうかそんな思いやりのやさしい輪が広がりますように…💫



◉今はオンラインですが、マタニティヨガも開催しています😊


産後のお母さんはリラックスヨガもおすすめです✨


初めての方も、どうぞ気軽にご参加下さい❣️


******


◉ホームに戻る→HOME

◉月間スケジュール→Schedule

mitra

女性限定*少人数制の小さなヨガ教室 *やさしく癒されるヨガの時間を*

0コメント

  • 1000 / 1000